経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋
投資経営ビザ,名古屋


投資・経営ビザとは


ビザの要件


申請のポイント


サポート内容


必要な書類(一例)

投資経営ビザ,名古屋


会社案内


依頼するメリット


料金表


お問合せ

 border=
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請
2015/4 の入管法改正で、投資経営ビザが経営管理ビザに変わります。
大きな変更点として、4か月の在留期限の経営管理ビザが新設され、
会社設立のために来日できるようになりました。

詳しくはこちら:サポート行政書士法人 経営管理ビザHP

名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請

名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請
  熱い思いを持ったスタッフが集結しています。
だからこそ、他にはない“サービス”がここにあります!
 
  ■日本で経営者としてビジネスを始めたい方■


外国籍の方が日本で経営者としてビジネスを始めるには、経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)が必要です。
ビザ取得はご自身ですることも可能です。

しかし、ご自身でビザ取得をすると・・・

?ビザに関わる法律や規制にそって、必要な書類を揃えてきちんと申請しなければならないためとても多くの時間と労力を費やしてしまう。

?書類に不備があったり、少しのミスをしたことで不許可になってしまう。
また、ケースにもよりますが、一度不許可となると再申請で許可が出るのは容易ではありません。


という問題点がでてきてしまいます。

当社は名古屋・東京・大阪にオフィスを持ち、それぞれが得意分野を持つスペシャリスト集団です。
三大都市にて、幅広い業務とエリアに対応できます。
理想のビジネスプランに一日でも早く近づけるように、全力で私たちはお客様に代わって申請いたします。

スピード対応と専門分野の違うスタッフたちで何度も検証し、あらゆる知識と、様々な角度からの視点を活かしていきます。

「経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の申請って、まず何から始めればいいのか分からない。」

こういったご相談があれば是非一度、当社にご相談ください。

私たちが、熱い思いを持った本当のサポートでお客様のお手伝いをさせていただきます!
 
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋
入国管理局での経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の申請を代行します。

経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)を取得するためには入国管理局での申請が必要になります。当社ではお客様に代わって経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の申請を代行いたします。

経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の初回のご相談は無料です。

当社では初回のご相談は無料で受けていただくことができます。「経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)が取得できるか知りたい。」、「経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)に必要な要件は何?」などお気軽にご相談ください。

経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の申請の流れ
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋

ご相談は初回無料でお受けいただくことができます。ご予約いただければ夜間の相談、また中国語、韓国語の通訳スタッフの同席も可能です。まずはお電話かメールにてご相談ください。

経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋

現在のお客様の状況やお困りの点などを詳しくお聞きし、適正な価格でのお見積をご提示いたします。

経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の申請は、申請時期や要件などクリアしなければならないポイントが多数あります。スタッフがお客様と打合せを重ね、申請書類の準備を行います。
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋
名古屋のスタッフがベストな形での経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)の申請書類を作成します。お客様にも身分証明書の取得などでご協力いただくこともありますが、書類の翻訳なども基本的にすべて当社でご用意します。
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋
お客様に代わって当社の行政書士が入国管理局へ直接申請を行います。お客様が入国管理局へ申請のために出向くことはありません。
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋

入国管理局から当社へ許可通知が届き、その後当社の行政書士が手続きのために入国管理局へ出向きます。 当然、お客様は入国管理局へ出向く必要がありません。
本国から人を招く場合は、投資・経営ビザの認定証明書を本国の本人へ送付して、査証を取る必要があります。

※原則、手続の中でお客様が入国管理局へ出向く必要はありません。
名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請

名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請

名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請

業務管理もしっかりやっている会社 : K様
お客様の要望に応じて、効率が高く、業務管理も しっかりやっている会社だと思い、感謝の気持ちが いっぱいでございます。今度も又業務御依頼の上、 友人をご紹介させていただきます。


想像以上のサービス : S様
私は就労ビザで仕事をしていたので日本での生活にも慣れてはいましたが、 手続きには自信がなく失敗をしたくないと考えていましたが、サポート行政書士さんが私の疑問を解消してくれました。 他にも想像以上のサービスを提供して頂きました。






経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)担当スタッフ 名取(Natori)



経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)担当スタッフ 劉(Ryu)


>>> 当社の新しい経営管理ビザ(旧投資経営ビザ)申請サイトはこちら
名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請


名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請 名古屋,経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),申請
経営管理ビザ(旧投資経営ビザ),名古屋
 【免責事項】
 法改正には出来る限り早急に対応しておりますが、現在の法令と連動していない場合もあります。
 なお、当サイトの内容によって生じた損害等につきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

HOME会社概要依頼するメリットお問合せ

Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved. 投資・経営ビザ